こんにちは

佐々木憲健です。

 

今回は 「YouTube アドセンスで取り扱ってはいけない動画」
について解説させて頂きたいと思います。

 

以前の動画で「タグ」の取り扱いの注意点をお伝えしましたが、
今回は動画の内容そのもので取り扱いの注意点をご紹介します。

 

利用規約を読んでいてご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ガイドラインには細かな規定が設けられています。

 

また公開されていない独自のガイドラインも設けられているように
思われます。

 

YouTube コミュニティガイドラインを参考にその内容を解説してきたいと思います。

 

 ヌードまたは性的コンテンツ

これについては特に説明は必要ないと思いますが、ヌード写真家、
性的行為を写した動画などは利用規約に反します。

 

場合によっては刑事処罰の対象になる可能性もありますのでご注意ください。

YOUTUBEアドセンス ガイドライン 違反

 

 

 暴力的または暴力的コンテンツ

街で見かけた喧嘩や集団暴行、 いじめ動画などはアップロードしないでください。

YOUTUBEアドセンス ガイドライン 違反

 

 

 

 

有害また危険なコンテンツ

あなたもしくは友人が合法ドラッグを吸っているシーンや
野生の動物に手を出すなど が対象になります。

YOUTUBEアドセンス ガイドライン 違反 

メントスコーラなどもその範疇に入る可能性もありますのでご注意ください。

 

もしあなたの真似をして第三者の誰かが警報を必要なことがあった場合、
あなたがそれを助長したとして処罰対象になる可能性もあります。

 

 差別的コンテンツ

性差別 LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)
人種差別、出身地差別などそれを揶揄し侮辱するような内容の動画は
警告の対象となります。

脅迫を含むコンテンツ


昔からユーチューバーや ニコ動などで繰り広げられてきた内容だと思うのですが、
「 お前の家に乗り込むぞ」「俺は何々組のなんとかだぞ」「 今からころ〇に行くからな」
このような言動の含むコンテンツは規約違反になります。

また刑事処罰の対象になる可能性もありますのでご注意ください。

YOUTUBEアドセンス ガイドライン 違反

 

 

著作権保護コンテンツ

音楽、テレビ、映画、 動画コンテンツなど著作権で保護された内容のものを
アップロードすることは禁止されています。

これも法的な処罰を受けた可能性がありますのでご注意ください。

YOUTUBEアドセンス ガイドライン 違反

まとめ

 

以上のガイドラインに示されている内容は「一般常識」からすれば
当然の内容ですが、収益を優先するばかりに危険な動画を
あげてしまうこともあると思います。

 

しかしその動画が爆発的に再生されても収益化につながる一ヶ月のあいだに
ペナルティーが発行されて収益化対象外になってしまうことが
ほとんどです。

 

安全で安心なチャンネル運営を心がけましょう。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。