こんにちは
佐々木憲健です。

 

今回は
不適切なコメントをブロックする方法(炎上からチャンネルを守る!)
について解説をさせていただきます。

 

チャンネル登録者が増えれば増えるほど、動画へのコメント数もドンドン増えていきます。

 

動画に対して反応してくれるのは、非常にうれしく日々の活力になりますよね。

 

ちゃんと見ていてくれるんだ…

「こんな嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァにはいつでも会いに行けるから」
と喜んでばかりいられないのが「運営者」です。

 

チャンネル運営者


不適切なコメントをブロックする方法 管理者

 

あなたはチャンネルの「運営者」として責任をもって管理運営をしなくてはなりません。

 

それは作成した動画の内容やタイトルだけではなく動画の
「コメント」も管理しなくてはなりません。

 

コメント欄に不適切だと思われるコメントが並べば、普通に見て楽しんでいる
「一般の視聴者」の方はそれを敬遠してあなたのチャンネルから
離れて行ってしまいます。

 

残った視聴者は好き放題のコメントをする「輩」だけになってしまい
チャンネルは荒れてしまいます。


不適切なコメントをブロックする方法 管理者 輩 荒らし

 

荒れているだけならいいのですが思わぬ事態に発展することもあります。

 

例えば
「通報される」「コメント内で喧嘩を始める」「YOUTUBEにマークされる」
その結果「チャンネル削除」という最悪な結末が待ってます。

 

そうならないようにしっかりと事前に対策をしましょう。

 

前置きが長くなりましたがここから本題に入ります。

 

コメント対策手順

1、アイコンをクリックしてクリエイターツールを開いてください。

 

2、コミュニティを開いて「コミュニティの設定」をクリックしてください。

 

ブロックする単語

記入欄に不適切な単語を入力してください。

「ポルノや性的なコメント」
「危険性のある行為を促すようなコメント」
「人種、民族、宗教、障がい、性別、年齢、国籍、従軍経験、
性的嗜好や性同一性に基づく個人または集団に対する
暴力行為を助長または許容するコメント」
「嫌がらせ的なコメント」「誤解を招くコメント」など。
不適切なコメントをブロックする方法 不適切な発言 ブロックする単語

 

モデレーター

モデレーターとして招待したチャンネル運営者の方にコメント管理をして報告を受けることができます。
信頼のおけるチャンネル運営者を招待しましょう。

 

承認済みのユーザー

承認することによってコメントブロックから外され、
自由にコメントすることができるようになります。

 

非表示のユーザー

指定されたユーザーのコメントやメッセージは表示されません。
悪質なユーザーを登録してください。
不適切なコメントをブロックする方法

 

リンクブロック

URLやハッシュタグが挿入されたコメントは表示保留となります。
管理者が確認して承認されれば表示されます。
不適切なコメントをブロックする方法 リンク

 

デフォルト設定

「新しい動画へのコメント」「チャンネルへのコメント」

 

「コメントはすべて許可する」
ブロック指定されたコメント以外すべてコメント表示されます。

 

不適切な可能性があるコメントを保留して確認する(英語のコメントのみ) [ ベータ版 ]
海外からのコメントの多くはスパムなので、YOUTUBEのフィルターで
保留扱いにほぼなっていますのでこれを選択する意味はあまりありません。

 

コメントを無効にする
コメントの出来ないチャンネルというのは登録されることも少なく、
チャンネルの成長にはコメントは不可欠なのでこの項目もチェックしないでください。

 

「コメントはすべて許可する」にしていただき
しっかりとブロックする単語を指定することを推奨します。
不適切なコメントをブロックする方法 コメント すべて許可する

 

「チャンネルへのクリエイタークレジット」
「チャットのメッセージ」
この2つの項目はとくに必要ないので保留にチェックしてください。
不適切なコメントをブロックする方法

以上で「不適切なコメントをブロックする方法」についての解説は終了となります。

 

 

まとめ

基本的にコメントはすべて「許可」してください。

「ブロックする単語」を活用してチャンネルの安全性を高めていきましょう。

不適切なコメントは放置しないように心がけましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。