こんにちは

佐々木憲健です。

 

今回は、YouTube 動画の基本的なタイトの付け方について
解説をしていきたいと思います。

 

まずはじめに YouTubeCreatorsが発表している、
公式のタイトルの付け方についてご紹介いたします。

 

タイトル冒頭に 説明的で関連性のあるキーワードを含めるようにします。
必要に応じてイトルの最後にブランド名やエピソード番号を加えます。
(連載ものの場合)

 

 

コンテンツを常に正確な表現をする必要があります。

 

 

 

誤解を招くようなタイトル付けすると、すぐに動画立ちぬ視聴者が増え、
動画の評価や総再生時間に悪影響が及ぶことがあります。

 

 

サムネイルを惹き立てるようなタイトルをつけます。
クリックしたくなるようなものを考えましょう。

 

 

公開しばらく断った後も視聴者を惹きつけることができるよう、
動画のタイトル更新します。

 

 

以上が YouTubeクリエイターズが公式に発表したものになります。

 

 

タイトルの文字数ですが パソコンで見ている場合と、スマホで見ている場合とでは
表示される文字数が大きく違ってきます。

 

 

スマホに表示される文字数は23文字と言われています。

 

 

タイトルは100文字まで入りますが、冒頭の30文字で いかに視聴者を
惹きつけるかという目線で、タイトル付けを行っていきましょう。

 

ではここから実践的な解説をしていきます。

 

 

3つのタイトル内構成

動画のタイトルには大きく分けて三つのブロックになっています。

 

一つ目がメインキーワード。
例えば「スカッとする話」「海外の反応」などの必ずつけなくてはいけない
キーワードがメインキーワードになります。

 

2つ目がタイトル本文

こちらは元ネタをリライトするか、もしくは記事を全て読んでご自身の中で
タイトルを作り上げてください。

 

3つめがチャンネル名
この三つ目は基本的に出て欲しいのですが入りきらないと判断した時は
ここは削除しても良い部分になります。

 

セカンドキーワードの抽出

メインキーワードが決まった後、次に重要なのがセカンドキーワードになってきます。

 

セカンドキーワードというのは「スカッとする話」をメインキーワードとしている場合、
次にくる言葉を見つけなくてはいけません。

セカンドキーワードを見つけるには「サジェストキーワード 一括ダウンロードツール」
もちろんツールを使って探していきます。

 

 

 

サジェストキーワードで「すかっとする話」で検索した結果、
以下のキーワードが抽出されました。

スカッとする話
「武勇伝」「コトメ」「 ネタバレ」「結婚」
「ドナー」「恋愛」「車」「教師」「牛丼」
このような言葉が「セカンドキーワード」になります。

 

 

 

セカンドキーワード本文タイトルに盛り込むか、
もしくはブロックを四つに分けるパターンもあります。

 

例えば
「スカッとする話 半角おいて 武勇伝 半角おいて 本文タイトル 半角おいてチャンネル名」
このような付け方も効力があります。

 

サジェストキーワードでタイトルをつけると

「スカッとする話 武勇伝 コトメが結婚。相手は高校時代の担任の教師」

 

このようにしただけで文章が成り立ってしまいます。

 

一つのタイトルの中に5つのサジェストキーワードが盛り込まれました。

 

ただ、キーワードを並べるのでなくしっかりとした文章になってることが重要になります。

 

キーワードに気を取られすぎて本文とは全く関係のないタイトル付けに
なってしまわないように注意しましょう。

 

 

 

タイトル本文

 

ネタ元のタイトルをそのままつけている動画もあり、
その動画がブレイクしていることもあります。

 

一概にリライトをすればいいっていうことではなく
、しっかりと狙ったキーワード盛り込むことが重要になってきます。

 

メインキーワードとセカンドキーワードが決まった後、
いよいよ本文タイトルに入っていきます。

 

メインキーワードとセカンドキーワードで検索をしてきた結果、
あなたの動画が表示されたとしても、タイトル本文が魅力的でないと
動画を見てもらえることができません。

 

 

 

特に重要なのが、冒頭30文字以内の内容だと思います。
いかに惹きつけてインパクトのあるタイトルをつけるかが重要になってきます。

 

 

初期の段階では丸パクリは許されますが、チャンネル登録者数が増えるごとに
コメント数も増えてきて監視もまた強くなります 。

 

 

コメントで丸パクリを指摘されるだけならいいのですが、
中には通報をしてしまう方もいらっしゃいます。

 

 

YouTube 運営で一番恐れているのがこの「通報」なります。

 

初級者リライト

ここでは簡単なリライトの方法をご紹介します。

メインテーマはスカッとする話

登場人物が姑、小姑、旦那この3人の登場人物の呼び方を変えることをやってきましょう。

 

コトメ ⇔ 義姉 義妹(義理の姉妹)

トメ  ⇔ 姑 義母(義理の母)

 

例えばこの文章をリライトすると

「スカッとする話 武勇伝 コトメが結婚。相手は高校時代の担任の教師」

リライト後

「スカッとする話 武勇伝 義姉が高校時代の担任の教師と結婚。」

 

このように言葉を変えて順番を入れ替えるだけで、ちょっとしたリライトになります。

 

まとめ

元ネタのタイトルを丸パクリすると収益化されえない可能性が増します。

 

しっかりと狙ったキーワード盛り込むことが重要になってきます。

 

初期の段階ではちょっとした言葉の入れ替え程度で十分だと思いますが、
チャンネル登録者数が増えるとともに コメント欄から丸パクリと
指摘されることもありますので 、登録者数が増え始めたら、
しっかりと リライト しましょう。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました