こんにちは。佐々木憲健です。

今回はフォトスケープX(PhotoScape X)についての解説をさせていただきます。


以前「フォトスケープ」の使い方としてご紹介していたものが、バージョンアップされ今までになかった非常に便利で面白い機能が追加されました。



フォトスケープXの大きな特徴は「無料バージョン」と「PROバージョン(有料)

」のものがあります。とはいうものの、サムネイル作成のように簡単な画像編集だけであれば、無料バージョンで十分だと思います。



ダウンロードの方法からかんたんな使い方まで解説をしていきます。とくに古いバージョンを削除する必要はありません。では解説を始めていきます。

 

 

【フォトスケープXのダウンロードの方法】

「Photoscape X」と検索すると様々なページが出てきますが、今回は公式ホームページと思われる「photoscape x」こちらから始めていきたいと思います。

 

(1)トップページに3つのボタンがあると思います。「download windows 10」「PRO」「download MAC」この中からご自身がお使いのものを選んでクリックしてください。

 

 

フォトスケープ ホームページ  photoscape

 

ここからは簡易的な説明になります。「Microsoft store」で「入手」をクリック。「Microsoft storeを開く」をクリック。インストールをクリック。完了したら「起動」をクリックしてください。

 

 

フォトスケープ ホームページ photoscape インストールフォトスケープ ホームページ photoscape インストール

 

 

 

これで「photo scape x」のダウンロードが完了しました。次にyoutube用のサムネイル(1280 × 720)を作成することを前提に解説をさせていただきます。

 

この段階で日本語化されていない場合は、右上にあります歯車マークの設定ボタンをクリックしてください。2つ目の言語をお使いの言語へ変換してください。

 

 

【YOUTUBE用サムネイル作成方法】

 

【画像を開く】

画像編集をクリック → 編集画面が出てきますのでここに使用したい画像を「ドラッグアンドドロップ」で開くことも出来ます。「開く」「新規」「その他」のうち今回は「新規」をクリックりてください。左メニューが開きますのでそちらからご使用になりたい画像を選んでください。

フォトスケープX 無料 画像取り込み photoscapeX

【画像編集】

ではここから様々な機能をご紹介をしていきます。

画像編集で失敗した場合は、最下部に「復帰」「取り消し」「やり直す」を使ってください。「復帰は原本に戻す」「取り消しは一つ後に戻ります」「やり直すは一つ前の状態に戻す」になります。メニューを開くときは右上メニューの「編集」をクリックしてください。


フォトスケープX  切り取り サイズ変更 photoscapeX 無料 画像取り込み

【切り抜き】

今回はサムネイル用の切り抜き設定ですので「1280 x 720」という規格サイズに切り抜き調整をしていきます。切り抜きメニューを開いて「自由」を選択してください。YOUTUBEサムネイルの規格サイズは16:9なのでメニュー内のものも使用できますが、調整が必要なため推奨しません。


「自由」の場合は切りに抜きたい部分をご自身で選択することができます。左クリックを押したまま画像に合わせて、切り抜き範囲を選択してください。範囲が決まりましたら「切り抜き」ボタンを押してください。

 

 

【サイズ変更】


画像の切り抜きが終わったら、今度はYOUTUBEサムネイル規格サイズ(1280 x 720)にサイズ変更をしていきます。


サイズ変更をクリックしていただくと変更メニューが開きます。まず初めに「縦横比を固定」のチェックマークを外してください。次に「ピクセル」「インチ」「cm」のメニューを「ピクセル」に変更してください。



その下に「幅」「高さ」を入力するメニューがありますので「幅に1280」「横に720」と入力してください。この時あまり画像素材が変形してしまっている場合は切り抜きから調整をし直してください。

フォトスケープX  テキスト サイズ変更 photoscapeX 無料 画像取り込み

 

【文字入力】


あたらしいフォトスケープは文字装飾が豊富になり充実しています。いろいろな機能などについては改めて解説をいたします。右上のメニュー内の「挿入」をクリックしてください。同じラインに「T」マークのテキストメニューが開きますので、そちらをクリックしてください。




テキスト入力

「T」ボタンを押すとテキスト入力画面が右に表示されます。初めにテキストパレットにサムネイルに記入する文章を入力していきます。あらかじめ文章編集ソフトなどで文章作成したものをコピーして貼り付けるようにしたほうがいいでしょう。

文章の改行、配置などもこのタイミングでやっておきましょう。文字の移動は文字を直接ドラッグ(左クリックしたまま)して動かすことができます。

文章の入力が終わりましたら「フォント」の変更をしてください。特に太文字系のものがサムネイルとしては目立つと思います。必要によってはフォントの追加をご検討ください。

フォント選択メニューの右側に「サイズ変更メニュー」がありますので数値を直接入力するか、画面上でポインターを使って調整をしてください。





文字装飾

 

従来の基本的な「太文字」「斜体」「アンダーライン」「センターライン」などもあります。ここで大きく変わったのが「文字色」の種類が単色だけではなく「グラデーション」や「様々なデザイン」の文字装飾ができるようになったことです。

 

 

文字色変更(べた塗)

まず初めに単色系の装飾メニューを紹介します。これまで通りの文字色を単色にすることも出来るのですが、複雑な色を使用したいときは5つのカラーパレットを開いていただき、必要なものを選択してください。

 

文字色変更(模様)

こちらが新機能となる文字装飾です。一般的な水玉模様だけでなく様々なデザインの模様が選ぶことができます。この機能は無料で使えるものと「PRO」しか使えないものが表示されます。どうしてもPROバージョンのものを使用したいのであれば、契約をしてご利用ください。

 

 

文字色変更(グラデーション)


こちらも新機能となる文字装飾です。文字をグラデーションにすることができるようになりました。5つ無料で開放されています。かなり目立ち華やかな文字装飾が出来ます。

これでサムネイル作成に必要な基本設定の解説は終了となります。


ほかにもフレームラインや変形など面白い機能がたくさんありますので、別記事にて解説をしたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。