こんにちは

佐々木憲健です 。

 

今回は

「無料画像編集ソフトフォトスケープの使い方」【実践で使える機能編】

というテーマで行ってきたいと思います。

 

これまでダウンロードの仕方から文字入力の方法まで解説して行きましたが、

今回はより実践的な私が普段使用している機能について解説をしたいと思います。

無料画像編集ソフトフォトスケープのダウンロードの方法

無料画像編集ソフト フォトスケープの使える機能【文字入力編

フォトスケープの機能は非常に多く使いきれていないのは事実です。

YouTube運営やブログ運営のために必要な機能はそれほど多くありません。

 

例えば YouTube 運営であれば「サムネイルの作成」「アイコンの作成」
「ブランディングの作成」「マイチャンネルの壁紙」くらいだと思います。

 

毎日使うであろうサムネイル作成などは「フォトスケープ」さえあれば、
有料の Photoshop などを使う必要などありません。

 

使い方も非常に簡単ですのでみなさんの参考になれば幸いです。

 

下地設定

1、フォトスケープを立ち上げて画像編集をクリックしてください。

 

2、左側のメニューにフォルダーが表示されますので編集する画像を選んでください。
    

3、ホーム→ リサイズ→アスペクト比を保持もうチェックマークを外してください。


4、希望する画像サイズを入力してください。
(サムネイルの規格サイズは「横1280ピクセル × 縦720ピクセル」になります。)

 

フレームライン

画像にフレームライン(ふち)をつけることができます。


色はパレットから選択をしてください。
カラーパレット フォトスケープ 使い方

 

 

厚み
フレームラインの厚みは32まで変更もできます。

 

フレームライン フォトスケープ 使い方 画像編集 photoscape

 

 

内側余白

内側余白はまで変更可能です。
フォトスケープ 使い方 画像編集 photoscape リサイズ

 

 

 

回転
角が丸みのあるフレームライン。

回転は255まで変更可能です。
回転余白 フォトスケープ 使い方

 

 

 

オブジェクト

写真(オブジェクト内左枠)

下地の上に写真を重ねることができます。

 

「写真」のボタンを開いていただき「 Photo」をクリックしてください。

 

使用したい写真を選んでいただき 「開く」をクリックしてください。

 

写真のサイズや位置を調節してください。

 

複数枚重ねることも可能です。

 

 

直線モード(オブジェクト内右枠)

画像の上に「線」「矢印」「四角」 などを引くこことが出来ます。
「色」「線種」「縁取り」「厚さ」「不透明度」などの変更はできます。

 

暑さは最大16までになります。

 

線種は実線を含めて7種類あります。

 

先端変更は矢印など 11種類あります。

 

矢印を引く場合は矢印の終わりの部分を決めて、左クリック押したまま対象に向けて

マウスを引っ張っていって 止めたい位置で クリックを解除してください。

 

 

短形モード(オブジェクト内右枠)

画像内に「透かし」を入れることができます。

 

色を選択していただいて「不透明度」のメモリを左に寄せてください。

 

右に寄せると 透明度はなくなります。

 

画像の上で左クリック押したまま、希望のサイズまで広げてください。

 

クリックボタンを離すと透かしが出来上がります。

 

この透かしの枠内に文字入力などもできます。


透かしの上に文字入力をしたいときは、透かしの上で右クリックして

「後面」を選択してください。

トリミング


自由トリミング

画像の無駄な部分を取り除くことができます。

左クリックでドラッグしながらトリミングしたい部分を選択してください。

 

円形トリミング

円形トリミングのチェックボックスにチェックを入れてください。

画像内で左クリックでドラッグしながら初めに高さを調整してください。

次に横幅を決めてサイズは決まりましたら「トリミング 」を押してください。

 

ページ

ここで一度ホームに戻っていただいて「ページ」を開いてください。

ページとは複数の画像を使って1枚の画像を作ることができます。

 

右側にありますメニューボックスからご希望の編集メニューを選んでください。

それぞれの枠をクリックして画像を埋め込んでください。

右上のメニュー内にサイズの変更のボックスがありますので、
そちらから画像サイズを変更してください。


もしくは画像の四隅のポインターを引っ張って広げることも可能です。

 

見えにくい時は 編集画面の下部中央に「拡大プレビュー」がありますので
そちらを調節してください。

 

画像選択が終わりましたら編集をクリックしてください。

 

編集画面で文字入力など装飾を加えてください。

 

スクリーンキャプチャ

 

またホームに戻っていただき「スクリーンキャプチャ」をクリックしてください。

 

スクリーンキャプチャのメニューバーが表示されますので「全画面キャプチャ」「ウィンドウキャプチャ」
「領域をキャプチャ」「最後のキャプチャをリピート」もう四つから選択してください。

 

 

スクリーンキャプチャ処理
キャプチャ後、 クリップボードにコピーするかもしくは
編集画面(エディタのタブで開く)
で表示するかを選べます。

 

効果音
効果音を消したい時はメニュー内下部 左隅のチェックマークを外してください。

 

キャプチャ
キャプチャーしたい 画面を最前列に持って来て 左クリックでドラッグしながら
希望の画面をキャプチャーしてください。

 

編集画面で画像サイズやトリミングなどをして調節してください。

 

以上でフォトスケープの主要機能についてご紹介いたしました。

 

まとめ

他にもまだまだあるのですが、 YouTube運営やブログ運営では 今回ご紹介した機能が
あれば差し支えはない程度だと思います。

 

使い方など分からない部分がありましたらご質問ください。

 

では最後までお付き合いいただきありがとうございました。