こんにちは
佐々木憲健です

 

今回は YouTube への動画のアップロードの方法を解説していきたいと思います。

 

 

動画をやっと作ってYOUTUBEに動画をアップロードしてみると、
色々な設定項目があり、どれをどう設定すればいいのか迷ってしまうかもしれませんね。

 

初心者の方にとって耳なじみのない言葉も多く「終了画面とアノテーション」や「カード」など
どんな機能でどんな効果もわからないものもたくさんあります。

 

非常に細かい作業ですが特に「終了画面とアノテーション」は重要な項目です。
必ず設定をするようにしましょう。

 

では手順を追って解説をしていきたいと思います。

 

 

動画のアップロード

1、YouTube 画面にあります「矢印」もしくは「ビデオカメラ」のボタンが
ありますので、そちらをクリックしてください。

 

 

2、ファイル選択でファイルアップロードするか、もしくはドラッグアンドドロップで
ファイルを
アップロードすることもできます。

 

3、ファイルを選択するとすぐにアップロードが開始されます。

YOUTUBEアドセンス アップロードの仕方

1、タイトル

メインキーワードとセカンドキーワードなどがしっかりとタイトルに

含まれているか確認してください。

 

2、 タイトル文末にご自身のチャンネル名を記入してください。

YOUTUBEアドセンス アップロードの仕方

 

 

説明

説明欄には必ず以下の項目を入力してください。

 

1、チャンネル登録のお願いと URL

チャンネル URL は「ポップアップ」されているものを使用するといいでしょう。

 

2、 チャンネルタイトル

通常画面ではタイトルのすべてが見えませんので全てのタイトルを

説明欄に記入してください。

 

3、引用元

ネタ元や音源、映像など内部から引用したものは必ず引用したサイトなどの
URL とサイト名を記載してください。

 

タグ

YouTube サジェストなどで関連キーワード探し、タグに入力してください。

メインとなるのはタイトルに含まれているキーワードになります。

その他にもタグの中には「チャンネル ID」「 チャンネル名」も必ず記載しましょう。

タグの数ですが多くても15個以内にしましょう。

YOUTUBE動画のタグの設定方法と効果

 

YOUTUBEアドセンス アップロードの仕方

 

 

 

スケジュール設定

「公開」「限定公開」「非公開」「スケジュール設定」の
4種類があります。

 

1、公開

公開ボタンを押すと即時動画が公開されます。

こちらはあまり使わず一度非公開にして再確認してから
公開するようにしたほうがいいでしょう。

 

2、限定公開
あ動画の URL を知っているか確か動画の視聴が できないように設定できます。

会員限定やプレゼント動画に設定することができます

 

3、非公開
こちらは投稿者本人にしか見ることができない設定になっています。

調整が必要な時なのにこちらの設定を使って行きます。

 

4、スケジュール設定
日時を指定して投稿することができます。


例えば

毎日1日に7時19時21時に 投稿すると決めた場合。

事前に時間を設定しておけば自動的に動画が公開されます。

作り置きをしている場合は特に、全ての動画一気に上げてしまうのではなく
時間を設定して分散させることも重要だと思います。

 

再生リスト

ジャンルごとに作った再生リストに登録をしましょう。

そのジャンルを好きな方が立て続けに動画を見てくれるチャンスが
増えるのでこの設定も必ずしましょう。

細かい設定などはこちらをご覧ください

YOUTUBE動画の再生リストの作成と設定方法

 

カテゴリー

動画のジャンルに合わせてカテゴリを選択してください。

 

終了画面とアノテーション

現在アノテーション機能は使えなくなっています。

終了画面とは動画が終わる20秒前からご自身の動画やチャンネル登録の

ボタンを表示させることができます。

 

ここから登録してくれる方や、続けて動画を見てくれる方が非常に多いので

終了画面の設定は必ずしましょう。

 

カード


動画再生中に任意の場所にカード差し込むことができますが、
基本的に私はこちらの機能は使っていません。


理由としては最後まで見ていただくことが目的であり、カードのリンクを踏んでしまい
離脱出てしまうと収益に影響が出てきてしまいます。

考え方はいろいろありますのでご自身で使用はご判断ください。

YOUTUBE動画 カードの追加と設定方法とアンケートの実施

 

以上で YouTube 動画のアップロードの方法と基本的な設定方法を
終了したいと思います。

 

説明欄もタイトル、タグなども「デフォルト設定可能な部分」は優先的に設定を
していきましょう。